スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by あとみん
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

経過報告

続きです。

長男の入院に
励ましのコメントやメールをありがとうございました。

全然犬ブログじゃないけど
ご心配くださったお友達へのご報告ということで。


長~いですので
興味のある方だけどうぞ


25日に無事転院する事ができました。
今度の病院は「気胸」に関しては最先端医療を行っている信頼できる病院です。

転院した病院では
直ちに処置が必要な重症で緊急な状況と言われ
入院するとすぐ胸にドレーンという管を入れる事になりました。
肺から漏れた空気を抜くためです。

前の病院では
自然治癒を強く勧められ
絶対安静で肺が膨らむのを待った方がいい。
ドレーンを入れる事でせっかく治りかけた肺がまたダメになる事がある。
しかも感染症を起こす方が怖い、などと脅されて説明されてたので

その辺の説明も納得いくまでして頂きました。

早い話。

1週間放置絶対安静したものの
まったく肺は再生していなかった事。
これを放置する事なんて、医師として医療として、ありえないとも言われました。

もっと簡単に言うと
前の病院の院長の主張は
時代錯誤のすっとこどっこいだったということです。

その院長
転院の前日の夜も病室にいらっしゃって
「今の若い医者は、よってたかって穴を開けたり手術したがる。」
「そっとしておけばちゃんと治るものを、いじりすぎて取り返しのつかない事になる。」
「大きい病院ほど、院内感染が恐ろしい」
と、さんざん脅す病院に残る事を勧めるのです。

長男も
「なんだか、転院しなくていい気がしてきた。
 呼吸も楽になってきたんだから院長先生を信じてこのままここで様子をみたい」
と言い出しました。

最後は親子討論ですよ。
主人は気胸経験者なので、今の状態は尋常ではないと言い張りました。


看護士さんも心配して来てくださいました。
この病院では急に具合が悪くなっても何もできないし。
こんなひどい状態の患者さんはすぐ転院するだろうって
ナースステーションのみんなが思っていたって。
若い先生も同様、
でも院長には逆らえなかったようです。

結局、話し合いの末息子も納得し転院したというわけです。


「呼吸が楽になって来た」と本人が感じたのは決して回復してきたのではなく
片肺がまったく機能しなくなったため、身体が片肺呼吸に慣れて来ただけだと
これもあとで転院先の先生から教えていただきました。

とにかく

無駄に1週間
絶対安静の入院をしたわけです。
因みに入院費93000円(`´‡)

これって、ある意味訴訟問題じゃない?


面白いなあと思ったのは
前の病院では
 風邪を引くと困るから、シャワーはダメ
 絶対安静だから洗顔もダメ
 歩いてもダメ
 おしっこはベッドで尿瓶、ウンは車椅子でトイレ

今度の病院では
 身体に管をつけてるのにシャワーOK
 トイレも洗顔も自分で歩いて行くこと

何から何までがまったく違います。
病室もきれいだし臭くないし。(前の病院ハンパない臭いでした)
タイムマシンで移動したような錯覚に陥りました。

at61132634AA.jpg


1週間しぼんだままだった肺は、処置後たった数時間でふくらみはじめました。
この管(ドレーン)が身体に刺さっているのは非常に痛いそうですが
順調に回復してます。
現在、胸の空気をゆっくり脱気して様子見です。

肺の空気漏れがなく、正常に元の大きさに戻れば、あと数日で退院。
肺に穴が開いていて空気漏れがあったら、手術ということになります。

今日は実に10日ぶりのシャワーを浴びる事ができました^^


以上
ご報告と、自分の覚え書きとして書きました。


さて

1月25日は2●回目の結婚記念日でありました。
病院から病院へ息子を運ぶ車中

「今日、結婚記念日なんよ」と息子にいうと、
「おめでとう、よかったね、こうして夫婦で仕事休んでドライブできてさ。
 俺のおかげだな」

 だって。

うーーーん。ま、確かに。。。


電車とバスを乗り継いで往復5時間の道のり
母は毎日頑張って通っています。


プリンちゃんはというと
お留守番が長いと
こういう事しでかします。

at61210404AA.jpg

玄関の靴をばあちゃんの布団の上に・・・   あーあ。

「寂しいよ」っていう必死の抗議かなあ?

もうちょっとの辛抱よ、のぽちっと☆
by あとみん
22:49 | ひとりごと | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑
経過報告 その2 | top | 3歳6ヶ月♪と いやはや・・・その3

Comments

#
一気に事の成り行きを読ませていただきました。
息子さん、復活に向かっているようでほっとしました。
本当に転院出来てよかったですね!!
こんな命を左右するような時代錯誤って許せませんね!!
お年寄りの言う事は為になることもたうさんあるけど、
過去に固執したり持論を曲げたくない頑固さが厄介だと
私は会社で毎日体験しています。(殆ど70歳近いので…)
勿論そうじゃない方も居ますけど、この医院長は正にそうですね!
ドレーンが痛々しいですが、若いしきっと早く回復しますね。^^

そしてあとみんさん、結婚記念日おめでとうございます!
病気は精神的にも来ますから「僕のおかげ」位の方が
気持ち的にはいいと思います。
5時間は辛いですが、もう少しの頑張りですよー!
ぷりんちゃんも、もうちょっとだよ~☆
by: かおり | 2010/01/28 11:38 | URL [編集] | page top↑
#
素人だと、どうしてもお医者さんの言うことを聞いちゃいますよね、「ん?」って思っても・・・。
でも経験者のパパさんがいて良かったです!!
お兄ちゃんの退院も近いようだし・・・。
本当に良かった♪
引き続きお大事になさってください!!
あとみんさんも往復5時間の移動、本当にご苦労様です。
ぷりんちゃんも・・・同じ時間の留守番を頑張って、お利口・・・さ・・・んで・・・・待ってなかったか(笑)
でももう少し!頑張ってぇ~~~~!!!!

そして結婚記念日おめでとうございます!!
by: ak | 2010/01/28 12:34 | URL [編集] | page top↑
# 結婚記念日おめでとうございます。
よかった‥ 難しいことは素人にはわからないから、自分ならそのまま安静しちゃうかもと思いました。アドバイスしてくれた看護婦さんたちに感謝ですね。それから若いころに経験していたパパさんの存在も今となってはよかった。本当によかったです。読んでいてドキドキしました。
話せる人間であってもこんなことになるのだから獣医さんの場合は‥ 愛犬のために獣医を目指す人がいるのもうなづける気がします。自分でもちゃんと勉強しておかなくちゃって思います。
それにしても、いい子に我慢してるけど甘えたい気持ちがつい靴に向かってしまったぷりんちゃん、相変わらずかわいいですw
by: ノラ | 2010/01/28 14:24 | URL [編集] | page top↑
#
まずは、結婚記念日おめでとうございます。
転院の移動途中のお兄ちゃんの言葉・・・(笑)
親の立場としては本当に大変な毎日だと思います。
往復5時間・・お疲れ様です。
退院、早くできますようにv-22

プリンちゃん、おばあちゃん泣いちゃうぞよ。
やりますね、外履きどっかんv-8
by: おこりんぼ母ちゃん | 2010/01/28 19:22 | URL [編集] | page top↑
#
ちょっとご無沙汰しておりましたが。。
息子さん、回復に向かっているようでよかったです!
病院て本当にここを信頼して良いのか、悩む位先生によって違いますよね。。
手術をするような病気なら尚さらご心配だった事でしょう。経験者の旦那様がいて心強いですね。
あとみんさんも通いが大変ですが身体に気をつけて下さい。
一日も早く、息子さんが元気に退院できると良いですね。
それから。。結婚記念日おめでとうございます(^O^)
by: balママ | 2010/01/29 13:04 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわぁ
息子さん回復にむかってて本当に良かったですねっ

でもそんなに病院で治療方法が違うとは
驚きです・・・
患者は先生を信頼して言う事ききますよねっ
変な病院にかかってはほんとどうしようもないですねっ
でも今の病院は全て任せても大丈夫そうだし
あとみんさんも家族の方も少しは
ホットですねっ・・
遅くなりましたけど
結婚記念日おめでとうございます
息子さんが退院してからゆっくりと
記念日祝ってください(笑
それとプリンちゃんともゆっくり遊んでください
ポチ☆
by: ダブルママ | 2010/01/29 20:04 | URL [編集] | page top↑
# あとは回復あるのみ!
記事を読み進めて…
まあ!ビックリ!!ほんとにビックリ!!
あのまま転院せず治療を続けていたら…
考えただけで恐ろしい!

専門的な見識がいるだけに、素人は鵜呑みにしちゃいますよね。
誤診ではないけれど、治療方針の間違いはそれに匹敵すると思います。
数年前のうちの母の誤診による初期治療遅れを思い出してしまって、
自分の家族ではないけれど、院長先生に憤りを感じてしまいました。
(勝手に熱くなってスイマセン… 汗)
でも、無事よい病院に転院して快方にむかっているのだから…よかった 笑

それにしてもおにいちゃん、細すぎる… 汗
手首なんて、ギュッと握ったら折れちゃいそう。
もっとお肉つけなきゃダメだよ! 苦笑

あと、結婚記念日おめでとうございます! 笑
今はおにいちゃんの看病や色々大変でお祝いどころではないでしょうけど、
おにいちゃんが元気になったら、何もかもひっくるめて盛大なお祝いして下さい!
結婚記念に退院祝いにプリンちゃんお留守番頑張りましたよ!に 笑

by: 小春屋 美々 | 2010/01/29 20:22 | URL [編集] | page top↑
#
結婚記念日おめでとうございます♪
バタバタして想いである記念になりましたが
息子さんの云うとおり一緒にドライブ出来てよかったのでは。。

私も医学の事は分りませんが
治らなく悪くなるようであれば転院は良いと思っています
手や足で 私も病院を替わって今では良くなりましたです!

お兄さん無理せずにゆっくり治して
退院してから家族で盛大な快気祝いと結婚記念日をしてくださいね☆
by: ホリヌキマント | 2010/01/30 09:47 | URL [編集] | page top↑
# ☆コメントありがとうございます☆
v-238かおりさんへ
長文を読んでいただきありがとうございます!
まったく人の命を預かっているのに・・・
憤りを感じました。
きっと、自分の経験だけが全てで
最近あまりお勉強してないのだろうと思いました。
確かに、お年寄りの意見や経験は貴重な事も多いですが
こんなお仕事についているのであれば
人間いくつになっても勉強して欲しいと思います。

おかげ様で、順調に回復しています。
ありがとうございます!

v-238akさんへ
ご心配いただき、ありがとうございます!
おかげ様で順調に回復しています。
普通なら病院長のお話、誰でも信じますよね。
私は全然疑いなく信頼していました。
それだけに、転院先の病院で
それらが間違っていた事を目の当たりにして愕然としました。
1週間、お金と時間と体力を無駄に使いました。

ふふ。。
これがプリンの精一杯の訴えなのかもしれません。
私が長く留守にすると必ず玄関の靴を持ってくるのですよ
ばあちゃんの布団の上に!(笑)

v-238ノラさんへ
ありがとうございます!
私もまったく疑う事なく安静にしてれば治るんだと思ってました。
なので、若い先生が転院&処置を勧めてくださったときに
なんて事言うの?!とんでもなーい!って思ったのです。
なんだか院長に洗脳されてた感があります。
このままずっと放置してたら、大変な事になっていたでしょう。
命を預かるお仕事、もっと真剣に取り組んで欲しいです。

余談ですが、私の小さい頃の夢は獣医さんでした。
現実には実家の跡を継ぎ写真屋さんだけど。
今でも獣医さんには憧れてます。かっこいーって(^○^)

v-238おこりんぼ母ちゃんへ
ありがとうございます。
人生の半分を主人と生きた事になります。
商売してるとなかなか夫婦で出かける事もできないので
確かに息子のおかげで素敵な(?)記念日になりました。
さんざん心配&苦労かけやがって~という言葉は胸にしまっておきました。
往復5時間も、慣れれば苦じゃないです。よく眠れますし(^▽^)

プリン、私の留守に必ずこれやるんですって。
忘年会で夜遅くなったときは、
ばあちゃんの布団に靴が3個も乗ってたそうです。
枕にどかっと持って来られてやっと気づいたそうな。(笑)

v-238balママさんへ
ありがとうございます。
普通、先生のおっしゃる事って信じますよね。
なのに、病院内でも意見が割れてて
とっても混乱しました。
主人が経験者で、いい病院を知っていたから本当によかったです。

乗り物酔いしやすい私には過酷な5時間ですが
だんだん慣れるもので、今は苦じゃなくなりました。
おかげ様で順調に回復しています。

v-238ダブルママさんへ
ありがとうございます。
おかげ様で、順調に回復しています。
が、危ない所だったようです。
緊急、と言う事で転院できました。
気胸では有名なこの病院、入院を待っている方が多いのだそうです。
結果的にはラッキーだったのかもしれません。

「セカンドオピニオン」最近よく聞きますが
おかしいな?と思ったら、勇気を持って他の先生に聞く事は大事ですね。
今は安心して全ておまかせしております。

v-238小春屋 美々さんへ
ビックリですよね。
結構ちゃんとした病院なんですよ。
ただ、呼吸器外科がないのに、何故ここまで強行に転院させたがらないのか
今でもギモンです。
美々さんのお母様もそんな経験がおありだったんですか?!
初期治療の遅れ、命に関わる大変なことです。
家族としては、憤りますよね!
息子は1週間も命の危険にさらされて放置されてたのです。
ああ、恐ろしい。
本当なら実名をあげて抗議したいのですが・・・戦うのはやめときます。
ただ、同じ事を繰り返しませんようにと願うばかりです。

v-238ホリヌキマントさんへ
ありがとうございます。
結婚記念日といっても、毎年何のイベントもなく過ぎていたので
確かに、一緒に仕事を休めたのは息子のおかげですね。
病院内のレストランだけど夫婦でランチできたし(T▽T)

マントさんも、病院替わって良くなったんですか?
やはり、治らなかったりギモンに思うようだったら
他の医療機関にかかるのも大切ですね。

おかげ様で、順調に回復しています。
by: あとみん | 2010/01/30 22:21 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://atominpurin.blog75.fc2.com/tb.php/418-71466f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。